最近の記事
(11/10)大橋未歩が乳首解禁!巨乳セクシーショットのグラビア披露!田中みな実の露出を超える!
(11/10)官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★彼の上司夫婦と訳ありでスワッピングセックスの奥深さを知って病みつきに
(11/09)深田恭子の濡れ濡れ巨乳がエロ過ぎる!【画像】むっちりエロボディをカレンダーで披露!
(11/09)NHK桑子真帆アナ“紅白司会落選”で浮かび上がるセクシー路線まっしぐら!
(11/09)「ドクターX」、徐々に視聴率低下の背景に“あの歌姫を獲得失敗”意外要素!?
(11/08)広瀬すず、ヌード披露!スッポンポン全裸癖にヌード写真集オファーが殺到!「服を着たくない」…
(11/08)土屋太鳳を襲った“温泉盗撮ビデオ”流出騒動の顛末
(11/05)綾瀬はるか“ノーブラ&ポロリ”放送事故級の映像に視聴者大興奮!
(11/03)人気女子アナ「性器モロ出し」ヘアヌード写真集ギャラ番付(1)
(11/03)水野美紀の乳首出し全裸ヌードがエロ過ぎる!【画像】朝ドラ女優がエロボディ披露してた!
(11/02)田中みな実が乳首を披露!【画像】フル勃起の乳首がくっきりポチってエロ過ぎる!
(11/02)脊山麻理子アナの生ケツがエロ過ぎる!【画像】半ケツ、脱ぎケツ、食い込みケツを晒しまくり!
(11/02)橋本環奈『ZIP!』出演で視聴者大興奮! 速攻でトレンドランキング入り
(11/02)木下優樹菜を芸能界から追いやる?フジ新番組に登場の“最悪な設定”
(11/02)杉咲花“朝ドラヒロイン”抜擢に冷めた声…「2世タレントの特権かな?」
(11/02)古瀬絵理アナ、乳首解禁してた!【画像】スイカップの乳輪乳頭が丸見えでエロ過ぎる!
(10/30)小池栄子の全裸ヌードがエロ過ぎる!【画像】フルヌードで水泳披露してた!
(10/26)菅野美穂“女優本格再始動”で囁かれる「離婚ヘアヌード出版」説
(10/26)長澤まさみ『全裸監督』出演のウワサ! 待望のフルオープンついに解禁か
(10/25)波瑠の全裸濡れ場がエロ過ぎる!【画像】セッ●スしまくり濃厚ベッドシーン披露してた!
人気記事

    2015年04月19日

    斎藤工「一発屋」への危機感

    斎藤工が意識するバランス “壁ドン”俳優から脱却
    ・・・・・俳優にもお笑いみたいに「一発屋」ってあるんですね。でも斉藤さん頑張って欲しいな〜。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150418-00000301-oric-ent
    以下引用☆
    俳優デビュー15年目にして一躍“ときのひと”になり、現在は連続ドラマ『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ系)主演、CM、イベント出演など幅広く活躍中の斎藤工。モデルとして活動後、2001年に映画『時の香り〜リメンバー・ミー』で俳優デビューしてからは、数えきれないほどの映画やドラマ、ミュージカルに出演してきた。

    斎藤工.jpg

    ◆セクシー俳優キャラが独り歩き?

     これまで出演作品は多いものの、小規模な作品を除くとメインの役どころとしてはそれほど多くはなく、顔と名前が一般的い広く知られるようになるまでには時間がかかった。そんな斎藤も、2014年7月期の連続ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ系)ですっかりブレイクを果たし、同時にセクシーなイメージが定着した。持前のサービス精神からかプロ意識からか、その後のイベントやバラエティ番組でも、リクエストがあれば「壁ドン」を披露するなど、世の中の求めるセクシー俳優のイメージにしっかりと応えている。

     しかし、斎藤にはそれ以外にも良さがある。バラエティ的な勘の良さとサービス精神、映画への愛情、そして、ポジティブさとネガティブさを併せ持ち、揺れる気持ちを素直に発してしまう人としても見逃せない。

     先日出演した『さんまのまんま』(フジテレビ系)でも、さんま相手に機転をきかせて笑いをとった。しかし、その人並み外れたサービス精神から、最近では新たな悩みも出てきたようである。同番組では、「僕いま、セクシー俳優みたいな冠ついちゃって、居心地悪くて仕方ないんですよ。どこ行っても壁ドンしてくださいって言われて。一発芸がヒットした来年消える芸人みたい」と違和感も語った。ここ最近、出席していた授賞式や記者会見などでは、ネガティブで自虐的な発言を見かけることも多い。

     ただ、それはセクシーに見られることを危惧しているのではなく、セクシーなキャラクターであるということが、一発芸のように独り歩きしてしまい、そのせいで消費されることを危惧しているように思える。

    ◆残念な部分もあるという“素”

     その“一発屋”への危惧は、彼が作った短編映画のテーマからもうかがえる。友人の芸人・あばれる君を主演に斎藤が企画、制作、監督、出演した『バランサー』は、主人公の芸人が若くしてあまりにも順調に成功してしまうことで、プラスマイナスのバランスが悪くなってしまう姿を描く物語だ。斎藤曰く、「いい映画って、作った人の体験がどこかにこもってないと届かない」。この映画にも斎藤の実感が込められているようだ。

     斎藤が今危惧しているのも、セクシーな俳優として見られること自体ではなく、セクシーさだけを切り札にして成功して、バランスを欠いてしまうことだろう。彼がバラエティ番組で、映画好きであったり、残念な部分もあるという“素”を見せたり、大好きな映画を作って自らの実感を込めたりすることは、彼の映画のタイトルのようにバランスをとろうとしているのかもしれない。

     そんな彼が主演する4月期の連続ドラマ『医師たちの恋愛事情』は、『昼顔』で開花したセクシーさをフィーチャーした作品である。ポジティブさとネガティブさを併せ持つ斎藤だけに、『昼顔』で認められたことで主演に抜擢されたことには素直に喜び、そして『昼顔』のような世界を期待する人に、それ以上の顔を見せることに心血を注いでいることだろう。
    ラベル:斎藤工
    posted by エンタメ トップNEWS at 20:19| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    autabi2.jpg