最近の記事
(07/15)今後は“はるパイ”のご開帳が期待薄になった綾瀬はるか
(07/15)まいんちゃん・福原遥が同学年スズ・カンに対抗“セクシー美ワキ”写真集計画!?
(07/14)官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★自慢の巨乳を褒めない夫に不満で年下のオッパイ星人とホテルへ直行
(07/13)巨乳女優10名コロナ禍「雨湿り下半身」(3)
(07/13)【パンチラ】ファーストサマーウイカがパンチラ連発!【画像】具が見えていた!
(07/13)石田ゆり子“若き日の超絶セクシー”プレイバック写真集発売のウワサ!?
(07/13)上戸彩“進化するママ巨乳”見どころマン載『半沢直樹2』いよいよスタート!
(07/13)木下優樹菜の「タピオカ裁判」、“和解交渉が一転決裂の裏事情”明かされた!
(07/13)米倉涼子「2000万円の贈り物」石田ゆり子「3億円の高級物件」“豪快な買い物”で反響を集めた芸能人
(07/12)官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★夫との週1回のエッチに耐えられず早漏&絶倫の男友達とハメまくり
(07/12)巨乳女優10名コロナ禍「雨湿り下半身」(2)
(07/12)田中みな実が全裸披露!第2弾写真集で宮沢りえ超え目指す!
(07/12)脊山麻理子“宿敵・渡部建”失脚にリベンジヌードで「勝利宣言」か!?
(07/12)長谷川京子が公式YouTubeチャンネルで“四十路フェロモン”あふれ出し!
(07/12)石原さとみ新ドラマでイケメン俳優・成田凌と“真夏の濃厚接触”秒読み!
(07/11)〈貞淑美女タレントの性白書〉おバカ系美女“脱いだらすごい”裸(3)
(07/11)巨乳女優10名コロナ禍「雨湿り下半身」(1)
(07/11)ローラ“独立記念”極上ボディーフルオープン争奪戦早くも勃発!
(07/10)【全裸】ファーストサマーウイカのフルヌードがエロ過ぎる!【画像】グループで全裸披露してた!
(07/10)新川優愛の全裸濡れ場がエロ過ぎる!【画像】濃厚セッ●スシーンを披露!
人気記事

    2017年05月09日

    岡副麻希のイラッと発言がナイスアシストに!「ワイドナショー」で川谷絵音のイメージアップ作戦が大成功!

    5月7日放送の「ワイドナショー」に出演した「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん。視聴者からは賛否両論様々な声が飛び交っていますが、その中でもコメンテーターとして質問をした岡副麻希さんに対する非難が集中しているようです。

    初めてテレビで本音を語っと川谷さん。

    不倫関係にあったベッキーさんについては、二人の間で具体的な「別れ」の区切りはなかったものの、彼女が金スマに出演したのを見て「終わったんだ」と確信。

    その後、彼女が謹慎を発表して会えない日々が続く中、川谷さんは彼女のことを想う自分の気持ちを当時製作中だった楽曲の歌詞で表現し、それをメールで送ったといいます。

    また、2016年のお正月に実家へ連れて行ったことについては、「行きたくない」と拒否してベッキーさんを無理やり連れて行ったのは自分だったとして、「僕がクズ過ぎた」と自らの軽率な行為を後悔していると語っていました。

    まあ、全てはイメージアップ作戦の一環であることは明らかですが、視聴者の間では初めて「動いて喋る実物の川谷絵音」を見たことで、これまでの下衆イメージが払拭されたと語る人も多かったようです。

    そして、それは川谷側が仕込んだ?ある秘密兵器の存在によって、さらに際立つことに。

    それは、ゲストコメンテーターとして呼ばれていたキャスター・岡副麻希さんのこと。
    2017050601-2.jpg
    [以下引用]
    川谷の一連の騒動について「女性からの目線で」とコメントを求められた岡副は、「2人で海外逃亡は考えなかったんですか?」と川谷に質問すると、「お互い仕事があるから考えなかった」と返すも困惑した様子。

    さらに岡副は「川谷さんが「女性にモテる理由がわかった」と発言し、その理由について「音楽について語るから、才能があるから…あと写真映りより生のほうがいいですね」とコメントし、その後で「ダマされちゃいそう…」と意味深発言を投下。

    「ダマすつもりないから」と共演者から突っ込みが入ると、「それが罪なんですよね」と返したものの、その後も彼女から「ズレた発言」が相次ぎ、ネットでは「アホすぎる」との声が相次ぐ事態となった。

    「岡副麻希ってなんでキャスターの仕事できてたの?」
    「アイドルなら仕方ないと思ったけど…本当にキャスターなの?」
    「ゲス川谷より岡副麻希の発言の方がイライラした」
    「あの知性のない話し方とか街中にいるアホ女と変わらない」
    「岡副麻希って、あれでよくテレビ出られるよなーって思う」

    どうやら、彼女の本職が「キャスター」であると知り、驚きを隠せなかった人も多いようだ。「黒い桐谷美玲」として、優れたルックスが評価されている岡副。キャスターとしての今後の伸びしろに期待したい。
    [しらべえ]

    岡副麻希さんは1992年生まれの24才。大阪出身で早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系在学中から『めざましアクア』『めざましテレビ』で活躍し、卒業後は『めざましどようび』にも出演。2016年からはバラエティにも出演し、その天然発言で注目を集めていますが、最近だと恵方巻きのシーズンに今年の恵方「北北西」を「きたきたにし」と読んで話題になりました。


    のちに「北北西」が読めなかったのではなく、恵方を聞かれたときに頭に思い浮かんだのがスーパーのキャッチにあった「北」「北」「西」だったため、とっさにそのまま口にしてしまったと説明していましたが、ふだんから滑舌の悪さや的外れな発言が多かったこともあり、「絶対わざと」「笑えない。イライラする」「あざとい」「知的じゃないアナウンサーは要らない」「黒いのだって目立ちたいからでしょ」とかなり叩かれていました。

    その約1ヶ月後『VS嵐』に出演した時も、嵐相手に意味不明すぎるボケを連発しイライラを誘っていて、その上今回川谷絵音さんで注目を集めた『ワイドナショー』でコレでは、また悪目立ちしましたね。

    岡副さんはフジの一押しなようですが、そういうイラッとして嫌われるタイプを押すフジというのは、なんなんでしょうね、話題を作るという意味ではセンスがあるのかもしれませんが…

    まあでも、意味不明なまとまらない発言は多かったものの、川谷さんは映像や写真よりも実物が爽やかで喋っても特に奇抜でもなく、その上才能があるからモテるのもわかるというのはわかりました。

    川谷さんについては、私は目を見開いてるのと口がおちょぼな感じが気になりましたが、やっぱり実際に話しているのを聞けば、刺激的な部分だけ切り取られて報じられていたのもわかりましたし、理不尽だと感じた発言もわけがあったんだなとわかり、『ワイドナショー』に出てよかったんだと思います。

    ゲスには田辺エージェンシー系の強いバックが付いたとも報じられましたが、それが頓挫したという話もあり、実際の状態はわかりませんが、今後ふつうにMステとか出だしたら、バックが強いということなんでしょうね。

    ちなみに今回の『ワイドナショー』の視聴率は8.5%でベッキーさん出演回の10.4%には及びませんでした。

    タイミングが違いますから当然といえば当然ですかね。


    posted by エンタメ トップNEWS at 22:00| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    autabi2.jpg