最近の記事
(01/17)子年女優19名「淫猥SEX濡れ場」公開(1)
(01/12)松嶋菜々子が初ヌード披露!乳首解禁!プリケツ電撃公開で一発逆転!休業報道に激怒してた!
(01/11)初写真集で“億万長者”になったみな実アナ
(12/29)独占 新世代女子アナ22人隠れ巨乳“乳フェース”(1)
(12/29)夫の不倫スキャンダル発覚でスピード離婚もありそうな滝クリ
(12/18)深田恭子が下半身モロ出し!【画像】尻ワレメから股間をフル露出!オカズ目的で公開したとしか思えませんよ!
(12/17)長谷川京子“エロス好き”四十路で開眼! フルオープンまで一直線か
(12/17)人気女子アナ23名「エッチ&チン言」流行語大賞
(12/16)田中みな実が乳とケツ晒しまくり!【画像】初写真集がエロ過ぎる!
(12/16)佐々木希“夫婦円満写真”激写の裏でいよいよフルオープン決意!?
(12/15)北欧美人が日本AVデビュー!【画像】メロディー・雛・マークスが美少女でエロ過ぎる!
(12/15)今度はイケメン若手俳優に“ロックオン”しそうな吉高由里子
(12/13)二階堂ふみ“元カレ結婚&元カレ有罪”ショック…朝ドラでエロス暴走か
(12/11)田中みな実“ヌキどころ満載”写真集でライバル心むき出し長谷川京子を一蹴!
(12/08)テレビ東京新人女子アナ「3人エロ娘」森香澄、田中瞳、池谷実悠(1)
(11/22)噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 池田美優(21)まだ若くエロスは開花前
(11/17)飯島直子 モンロー級垂涎バディに激濡れ五十路密壺の秘密(1)
(11/17)オフでは大河女優にあり得ないハジケっぷりだった沢尻エリカ容疑者
(11/15)松井愛莉のパンツ丸見え!【画像】透けパン尻とM字開脚がエロ過ぎる!
(11/14)沢尻エリカがフルヌード披露!ピンク乳首を再び解禁!大河盛り上げに脱ぐ決意した…
人気記事

    2017年05月23日

    フジテレビが脱ジャニーズ路線へ!芸能界とはなんのしがらみもない新社長・宮内正喜氏によって芸能事務所のリストラを断行!

    亀山千広社長が退任したことにより、フジテレビが“脱ジャニーズ路線”に舵を切る可能性が出てきました。BSフジ社長から異例の“昇格”を果たした新社長・宮内正喜氏は、社内でも「誰なの?」と言われるほど地味で芸能界とは全く無縁の存在で、それを“強み”としてこれまでの芸能事務所とのズブズブの関係を一掃するのではないかと見られています。

    [以下引用]
    「良くも悪くも地味な宮内氏は、芸能事務所との癒着がほとんど無い。これまで、月9ドラマの大ヒットを足がかりに出世した亀山氏はジャニーズ事務所とも近く、大ヒットを飛ばした『踊る大捜査線』の専属に近い立場になってからも、月9のキャスティングに大きな影響力を持っていたと聞きます。フジテレビで唯一、木村拓哉のことを『拓哉』と呼び捨てにし、ジャニー喜多川、メリー喜多川とも対等に交渉ができるなど、ジャニーズの専門家として有名。亀山氏の誕生会に、木村拓哉と長瀬智也、藤島ジュリー景子がSMAPの解散騒動の中で参加していたことも週刊新潮に報じられている。視聴率が取れない中でも、不思議と月9ドラマにだけはジャニーズのタレントが出演し、ドラマの制作費もさほど削減されていなかったと聞きます。こういったジャニーズとの癒着も、宮内氏が社長となることで精算されるようです。今後は、抜本的なお金の管理と番組の継続について社長直轄で審査されるようで、月9ドラマは低視聴率の中で打ち切り、また、嵐の番組である【VS嵐】は番組企画の変更で視聴率の回復や、DVD発売などでコストの回収ができる仕組みを取るようになるという情報が出始めている」(民放関係者談)

    これにはジャニーズ事務所も納得がいかないのは間違いないだろうが、強く抗議ができないという。

    「いままでは各局にジャニ担というジャニーズ専門の担当社員がいました。これが、SMAP担当と嵐担当、つまりSMAPは元チーフマネージャーの飯島三智、嵐は藤島ジュリー景子の専属の担当窓口となっていたんです。しかし、フジテレビは人事異動やSMAPの解散騒動でジャニ担に見直しが入り、現在はそれぞれの番組プロデューサーが直接ジャニーズ事務所にオファーを入れる形で専属の担当がなくなっている。なので直接、トップの宮内氏まで意見を言える状況にジャニーズ事務所がないということです。また、フジテレビは現在、ジャニーズに頼らなくても番組編成ができる状況にあり、蓋を開ければドラマ以外ではジャニーズタレントがいなくても番組作りが成立することがデータでもしっかり出てしまった。これを知った上層部は、各事務所との付き合いをもう一度改め直し、ギャラの見直しなども含め大改革をするようです」(週刊誌記者談)
    [TOCANA]

    要するに、ジャニーズに頼る必要は「全くない」という、誰が見ても当たり前の事実にようやく気づいたということでしょう。

    であ速.png


    芸能界とはなんのしがらみもない宮内氏は、ジャニーズを始めとした不必要な芸能事務所の“リストラ役”といったところ?

    ちなみに、亀山社長は自身の退任を直前まで知らされていなかったとのことで、事実上の“解任”と言っても過言ではありません。

    また、出身畑であるドラマ部門への依怙贔屓がひどかったこと、2014年6月の全社員の3分の2にあたる大規模な人事異動で制作現場から営業や経理、子会社へ左遷された社員が多数いたことなどから、社内ではかなり恨みを買っていたといいます。

    さらに追い打ちを掛けたのは、世間から「公開処刑だ!」と大きな批判を浴びた、昨年1月のSMAP謝罪会見。

    あのような、メリー副社長以外は誰も喜ばないゲスな会見を、ジャニーズのいいなりになって“全国生放送”したことで、「あんなもの、公共の電波で放送するものじゃないだろ!」と社内でも問題視されたといい、特に報道部からは厳しく追求されたとも。

    もしかすると、東スポ発の女性スキャンダルは、そういったことが背景にあるのかもしれません。

    とにかく、そういった背景がある上で亀山社長が“解任”され、芸能界とは無縁の宮内氏が新社長に“異例の抜擢”をされたということは、大きな意味があるのではないでしょうか?

    今やブラック企業の代名詞ともなったジャニーズ事務所に対し、極めて厳しい態度でリストラを敢行すれば、もしかすると韓流偏重で地に堕ちた評判を回復することができるかも…

    そして、フジテレビの“英断”によって業績が回復すれば、“横並び”と“弱体化したかつての強者”を叩くのが大好きな他局でも、一気にジャニーズ外しの動きが起きる可能性もあります。

    宮内新社長がどのような路線を打ち出すのか、注目です。


    posted by エンタメ トップNEWS at 07:00| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    autabi2.jpg