最近の記事
(06/05)官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★エステの練習台からレズプレイにオイルまみれの2人でエクスタシー
(06/05)天海祐希の乳チラ・パンチラがエロ過ぎる!【画像】乳谷間の奥とスカート奥を同時に披露してた!
(06/05)「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
(06/04)石田純一との破局から15年…長谷川理恵、完熟ボディの「充実ぶり」!
(06/04)噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 ファーストサマーウイカ(29)男が受ける“マン足度”は高い!?
(06/03)都丸紗也華、チューブトップビキニからバストラインを大胆露出
(06/02)渡辺麻友の全裸ヌードがエロ過ぎた!【画像】引退アイドルが全裸入浴、透けケツ割れ目、手ブラ披露していた!
(06/02)「日本一エロすぎるグラドル」森咲智美、大胆すぎる手ブラにファン騒然
(06/02)〈貞淑美女タレントの性白書〉 4月ドラマ撮影延期下の「濃厚エロ接触」(3)
(06/02)元・清水富美加の「千眼美子」主演、「幸福の科学映画」が興収ランキングV3達成……「レプロは何を思う」とマスコミの間で話題に
(06/02)「引退」渡辺麻友の“ノースキャンダル”ばかり称賛するメディアに違和感の声
(06/02)長澤まさみの脇がマン●みたいでエロ過ぎる!【画像】エロボディを「キングダム」で披露
(06/02)NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
(06/02)石田桃香:グラビアクイーンと「夢の同棲生活」 寄りカット多めで水着も!
(06/01)〈貞淑美女タレントの性白書〉 4月ドラマ撮影延期下の「濃厚エロ接触」(2)
(06/01)岡副麻希アナがマン●の形をくっきり披露!【画像】メコスジ股間がエロ過ぎる!
(06/01)福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!
(06/01)元『AKB48』渡辺麻友が引退…芸能界に“超正統派アイドル”の居場所はなかった!?
(06/01)ジャニーズが手越祐也をクビにできない理由とは
(05/31)天海祐希の乳首出し全裸濡れ場がエロ過ぎる!【画像】濃厚セッ●ス披露してた!
人気記事

    2017年05月24日

    GACKTの飽くなき投資熱 113億円集金詐欺にハマっても…【フライデー】

    〈「オレには才能がない」/ボクはこの言葉が一番嫌いだ〉。ゴールデンウィーク期間中、レコーディングに励んでいたGACKT(43)は、その合間に自身のブログにこう書き込んだ。確かに、ドラマに映画にと、マルチに大々活躍を続ける彼に才能がないはずはない。ある一点を除けば……。




     溢れる才能を活かし、歌手、そして俳優として活動を続けているGACKT。しかしよく考えてみると、熱狂的なファンでもない限り、彼の歌を知っている人がどれだけいるだろうか。むしろ、毎年恒例となっている正月の人気番組で、あらゆるものの違いを見極め、「間違わない男」の称号を恣(ほしいまま)にしている「バラエティタレント」として彼を認識している人のほうが多いのではないか。

     そんな間違わない男であるはずのGACKTが、計113億円を集金して事件化した投資詐欺に嵌り、警視庁に被害届まで出す羽目になるという「大間違い」を犯していたことは本誌(「週刊新潮」2016年9月22日号)で報じた通りだ。彼の損失は、

    「億単位だったと聞いている」(GACKTの知人)

     と言うから、投資の才能にだけは恵まれているとは言い難いGACKTだが、

    「彼はとにかく投資話が好きでね。『週刊新潮』で書かれた話以外にも、いくつか投資をやっていると聞いています」(同)

     そうした姿を目の当たりにしていたGACKTの元彼女で、化粧品のCMに女性ながら丸刈りで登場したことで話題となった歌手のICONIQ(アイコニック)(現在は女優として伊藤ゆみ名で活動)は、彼の投資を否定的に見ていた。
    .


    ■キャバクラでも投資話

     GACKTの事務所関係者が声を潜める。

    「付き合っていた当時、GACKTは彼女を自宅に住まわせ、事実上の『伴侶』としていた。そんな妻同然だったICONIQは、『週刊新潮』に報じられることになる投資にのめり込んでいたGACKTを心配し、窘(たしな)めていたんです。でも、彼は聞く耳を持たなかった。破局の大きな原因の一つは、GACKTの『投資癖』にあったんです」

     にも拘(かかわ)らず、彼の投資欲は失せていないようで、

    「4月上旬、東京のキャバクラでGACKTさんを含めた15人ほどの飲み会があったんですが……」

     と、その場に居合わせたキャバクラ関係者が明かす。

    「VIPルームでシャンパンを5、6本空けながら、GACKTさんはキャバ嬢よりも参加していた男性と話していました。彼は今、マレーシアと日本を行き来しているんですが、会話の内容は『マレーシアでマンション投資するならあそこの土地がいいよ』『そこの場所は良くない。もっと稼げるところがある』といったものでした。『全員、マレーシアに住め!』とも言っていましたね」

     マレーシアでよほど「おいしい話」に遭遇したのだろうか……。

     GACKTを知る芸能関係者が眉を顰(ひそ)める。

    「報じられた投資詐欺をGACKTに持ち掛けた男は、本名と名刺の名前の表記を変えたりするような、いかにも胡散臭い奴で、ICONIQに限らず、周りの友だちも怪しんでいた。それなのに彼は突っ走ってしまった。つまりGACKTは、人を見る目がないんでしょうね」

     だが、彼は決して認めはしまい。なにしろ一番嫌いなのだから、次の言葉が。

    「オレには詐欺話を見極める才能がない」

    ワイド特集「女と男の『劇場』」より

    maga01header1.jpg



    ラベル:Gackt フライデー
    posted by エンタメ トップNEWS at 00:14| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    autabi2.jpg