最近の記事
(02/21)羽生結弦、“チャクラ仙人”とのトレーニング動画が物議――「奇行」「催眠術?」とネット騒然
(02/20)高橋一生、億ションを買う これまでは弟の学費に使っていた
(02/19)「枕営業中かな?」「なんのアピール?」セクシーショット公開も、批判まみれの女3人
(02/19)櫻井翔キャスター、平昌入りで現地日本選手団スタッフに最警戒されるワケ
(02/18)地下ドルが「AVの契約金」手に失踪!?
(02/18)フジ生野アナが秋元アナのとばっちり
(02/18)業界内で“アンチ星野源”が急増中!?
(02/18)新婚・菊地亜美、旦那のせいで批判の的に
(02/18)松本人志が「ワイドナショー」での三浦瑠麗を“溺愛”する理由!
(02/18)W不倫報道のフジ・秋元アナ、異例の前倒し異動 表舞台から去る?
(02/17)昼夜問わない性奴隷、ジャニーズ合宿所内……
(02/17)深田恭子 肉欲生活絶好調を物語るスケ豊乳披露
(02/17)格差広がり結婚遠のく?フジ・山崎アナ 新MC就任にいらぬ心配寄せられる
(02/17)羽生結弦66年ぶり五輪連覇!! 宇野昌磨が銀!!フィギュア
(02/17)酷評の嵐!櫻井翔の平昌五輪現地リポートがカンペなしでは成り立ってない!
(02/16)真木よう子 Gカップ乳暴走女王がひと肌脱ぐ漆黒ヘアヌード
(02/16)今もゲス!新彼女は元カノ・ほのかりんの友達!川谷絵音の守備範囲の狭さにびっくり
(02/16)ついに吉岡里帆の“公開処刑”に踏み切った中村アン
(02/16)羽生結弦「カミンバック!」ノーミス演技で111・68点
(02/16)神田沙也加、夫がマネージャー化?母・松田聖子との関係は
人気記事

    2017年06月16日

    黒木メイサ、倉科カナ…オヤジ世代がグッとくる「魔性女優」とは?

    年に1度、国民的グループで誰が人気なのかを決める季節がやってきたが、オトナな女性が好きな層にとっては、「グッとくる“魔性女優”は誰か」のほうが重要案件。さっそくリサーチしてみた。



     20代女優で、オヤジ世代から熱い支持を集めているのは黒木メイサだ。

    〈第二子となる長男を無事出産しました! 4人家族になり、益々明るい家庭を築いていき、お仕事にも精進してまいります〉

     6月7日に出産を終えた黒木は、そんな喜びのメッセージをツイッターにアップした。母親として多幸感に浸っているが、実は女優としても新たな展開が──。

    「7月公開の中国映画『青禾男高』に、監督の熱烈オファーで海外初進出としてヒロインを演じます。黒木の女豹のようなボディが、いよいよ世界で受け入れられるかもしれません」(映画ライター)




     すでに「世界で最も美しい顔100人」には選ばれたことがあるが、野性味もワールドワイドになりそう。

    「魔性」といえば、黒木や菜々緒といった“Sキャラ”を思い浮かべがちだが、NHK朝ドラ「ウェルかめ」のヒロインも務めた倉科カナは、あどけない顔立ちとのギャップに「魔性」を感じ取った人が多かったようだ。

    「かつてグラビア活動がメインだった頃はB89・W58・H87の堂々たるサイズ。当時はDVDで『ポロリした?』と騒がれた艶映像も残しています。朝ドラヒロイン以降は出し惜しみが続きましたが、今年1月スタートの主演ドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)での妖艶な演技で再浮上。

    せっかく秘めた魔性が評価されたのだから、20代が終わる前に完脱ぎに挑んでもらいたいですね」(アイドル誌ライター)

     6月13日に発売された「週刊アサヒ芸能」(6月22日号)では、オヤジ世代3000人にアンケート調査。「グッとくる魔性女優48人総選挙」と題して、20代、30代、40代、50代と世代別ランキングを発表している。果たして、どの女優たちが1位に輝いたのか、その目で確認していただきたい。



    posted by エンタメ トップNEWS at 11:43| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    autabi2.jpg