最近の記事
(04/07)新垣結衣の”全裸”ショットがエロ過ぎる!【画像】まるで何も着ていない!肩出しドレスで乳谷間を披露!
(04/07)久冨慶子アナが乳谷間を奥まで披露!【画像】巨乳丸見え腕立て伏せがエロ過ぎる!
(04/07)藤田ニコル、ヒップさらす“キャラ変”と過去発言で気になる芸能活動の岐路
(04/07)浮上した元国民的アイドルの逮捕情報
(04/07)官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★悪友からの海外土産「惚れ薬」を使ってモテ男の逆ナン&セックスに成功
(04/06)白石麻衣が乳首と尻ワレメ解禁!フルヌード披露!卒業公演が延期で写真集を緊急出版する…
(04/06)坂上忍 黒沢かずこの検査“たらい回し”に激怒「感染者数なんてまやかしなんだよ!」
(04/06)沢尻エリカの全裸濡れ場画像流出!【画像】風呂場でセッ●スがエロ過ぎる!「人間失格」で…
(04/06)〈貞淑美女タレントの性白書〉 小倉優子 災いの元となった超名器と凄すぎる“口技”
(04/06)「あまりにもひどい」「差別的で気分悪い」“失言”により大バッシングを受けた有名人3人
(04/06)官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★憧れの先輩を誘惑し自宅マンションへ 初エッチ後に妻からの略奪を決意
(04/05)常盤貴子、全脱ぎ混浴チャレンジに「森三中・黒沢とは格が違う」と異例称賛!
(04/05)新木優子の乳首ポロリがエロ過ぎる!【画像】ビーチクチラ見せ披露してた!
(04/05)ホラン千秋“美少年顔で爆乳”アンバランスの魅力で視聴者フルエキサイト!
(04/05)川口春奈、すっぴんからのメイクムービーが140万再生突破!【動画】
(04/05)ジェジュン、新型コロナ感染で嘘発信を謝罪するも日韓両国で批判の声が止まず
(04/05)“感染パニック”で封鎖もやむを得なかった日テレ
(04/05)サトエリのヌードに大興奮!迫力ボディで圧巻ヌード♪
(04/05)二階堂ふみの乳首舐められ濡れ場画像流出!【画像】フル勃起乳首がエロ過ぎる!映画「人間失格」で…
(04/04)官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★隣の奥さんの逆ギレに頭にきて旦那を寝取ってトラブル解消!
人気記事

    2017年07月28日

    高橋一生、大ブレークの裏でアンチ急増――ファンVSアンチの構図はなぜ生まれる?

     毎年恒例となっている、オリコンの「上半期ブレイク俳優ランキング」で、高橋一生が初めて1位を獲得した。子役時代から活躍し、芸歴は長かったものの、いまいち目立てずにいた高橋だが、2015年放送のドラマ『民王』(テレビ朝日系)での当たり役に始まり、ドラマ『カルテット』(TBS系)、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)と、立て続けの出演で注目を浴びた。



     今ではCMにも引っ張りだこ。女性誌の抱かれたい男ランキング上位にもランクインするまでになっており、36歳にして遅咲きのブレークを果たした。ところがその一方で、ネット上の反応を見ていると、高橋の人気に疑問を持つ女性も多いようだ。

    「不細工なのにイケメン扱いされている」「決してイケメンではない」「魚顔」など容姿を叩く意見が散見される。高橋のように“急速に女性に好かれてしまった”俳優の、つまずきどころについて考えてみたい。

     ブレークして知名度が上がれば上がるほど、ファンだけでなくアンチも増えるのは自然なこと。中でも「イケメンか、イケメンじゃないか」という点は、誰しもがパッと見ただけで言える意見なので、アンチが容姿を叩くことは、なんとなく理解できる。

    しかし、なぜアンチは、わざわざそういった意見をネットに書き込みたくなるのだろうか。



     もちろん、ネット上にはアンチだけでなく、高橋のブレークを喜ぶ書き込みも多い。最近の出演作でファンになった人のほかにも、以前から注目していたことを主張する人もいる。

    しかし、そういった人たちの中には、急に持ち上げられすぎてアンチが増えることを心配するあまり、「これからも脇役で頑張ってほしい」「細く長くやっていってほしい」「メジャーになってほしくなかった」という声を上げているのだ。どうも、このようなアピールをする派閥が、アンチの心に火をつけているように見えるのである。

     「自分に先見の明があったこと」を暗に主張しながら、「自分だけがその良さに気付けると思っていたお気に入り俳優が、世間に見つかってしまったことへの残念感」を漏らしてしまうファンに、高橋自身がどうこうは別にして、反発心を持ってしまう層も生まれるのではないだろうか。

    その対立が、ネット上でのファンVSアンチの構図を作っているように、私には見える。

     急速にブレークすればするほど、その対立は激しくなって、アンチの存在感も増す。「ブレークしたけどアンチも多い」というイメージが付くことが、ブレーク後の最初のつまづきになってしまうこともあるかもしれない。有吉弘行が言っていた「ブレークするということは、バカに見つかるということ」という言葉が染みてくる。

    大江綾子(おおえ・あやこ)
    日夜、テレビや週刊誌、芸能人のSNSなどをウォッチングしているライター。どこか癖のあるニオイを放つ女性タレントがお気に入り。

    mqdefault.jpg




    posted by エンタメ トップNEWS at 20:25| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    autabi2.jpg