最近の記事
(11/22)噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 池田美優(21)まだ若くエロスは開花前
(11/17)飯島直子 モンロー級垂涎バディに激濡れ五十路密壺の秘密(1)
(11/17)オフでは大河女優にあり得ないハジケっぷりだった沢尻エリカ容疑者
(11/15)松井愛莉のパンツ丸見え!【画像】透けパン尻とM字開脚がエロ過ぎる!
(11/14)沢尻エリカがフルヌード披露!ピンク乳首を再び解禁!大河盛り上げに脱ぐ決意した…
(11/10)大橋未歩が乳首解禁!巨乳セクシーショットのグラビア披露!田中みな実の露出を超える!
(11/10)官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★彼の上司夫婦と訳ありでスワッピングセックスの奥深さを知って病みつきに
(11/09)深田恭子の濡れ濡れ巨乳がエロ過ぎる!【画像】むっちりエロボディをカレンダーで披露!
(11/09)NHK桑子真帆アナ“紅白司会落選”で浮かび上がるセクシー路線まっしぐら!
(11/09)「ドクターX」、徐々に視聴率低下の背景に“あの歌姫を獲得失敗”意外要素!?
(11/08)広瀬すず、ヌード披露!スッポンポン全裸癖にヌード写真集オファーが殺到!「服を着たくない」…
(11/08)土屋太鳳を襲った“温泉盗撮ビデオ”流出騒動の顛末
(11/05)綾瀬はるか“ノーブラ&ポロリ”放送事故級の映像に視聴者大興奮!
(11/03)人気女子アナ「性器モロ出し」ヘアヌード写真集ギャラ番付(1)
(11/03)水野美紀の乳首出し全裸ヌードがエロ過ぎる!【画像】朝ドラ女優がエロボディ披露してた!
(11/02)田中みな実が乳首を披露!【画像】フル勃起の乳首がくっきりポチってエロ過ぎる!
(11/02)脊山麻理子アナの生ケツがエロ過ぎる!【画像】半ケツ、脱ぎケツ、食い込みケツを晒しまくり!
(11/02)橋本環奈『ZIP!』出演で視聴者大興奮! 速攻でトレンドランキング入り
(11/02)木下優樹菜を芸能界から追いやる?フジ新番組に登場の“最悪な設定”
(11/02)杉咲花“朝ドラヒロイン”抜擢に冷めた声…「2世タレントの特権かな?」
人気記事

    2017年07月28日

    高橋一生、大ブレークの裏でアンチ急増――ファンVSアンチの構図はなぜ生まれる?

     毎年恒例となっている、オリコンの「上半期ブレイク俳優ランキング」で、高橋一生が初めて1位を獲得した。子役時代から活躍し、芸歴は長かったものの、いまいち目立てずにいた高橋だが、2015年放送のドラマ『民王』(テレビ朝日系)での当たり役に始まり、ドラマ『カルテット』(TBS系)、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)と、立て続けの出演で注目を浴びた。



     今ではCMにも引っ張りだこ。女性誌の抱かれたい男ランキング上位にもランクインするまでになっており、36歳にして遅咲きのブレークを果たした。ところがその一方で、ネット上の反応を見ていると、高橋の人気に疑問を持つ女性も多いようだ。

    「不細工なのにイケメン扱いされている」「決してイケメンではない」「魚顔」など容姿を叩く意見が散見される。高橋のように“急速に女性に好かれてしまった”俳優の、つまずきどころについて考えてみたい。

     ブレークして知名度が上がれば上がるほど、ファンだけでなくアンチも増えるのは自然なこと。中でも「イケメンか、イケメンじゃないか」という点は、誰しもがパッと見ただけで言える意見なので、アンチが容姿を叩くことは、なんとなく理解できる。

    しかし、なぜアンチは、わざわざそういった意見をネットに書き込みたくなるのだろうか。



     もちろん、ネット上にはアンチだけでなく、高橋のブレークを喜ぶ書き込みも多い。最近の出演作でファンになった人のほかにも、以前から注目していたことを主張する人もいる。

    しかし、そういった人たちの中には、急に持ち上げられすぎてアンチが増えることを心配するあまり、「これからも脇役で頑張ってほしい」「細く長くやっていってほしい」「メジャーになってほしくなかった」という声を上げているのだ。どうも、このようなアピールをする派閥が、アンチの心に火をつけているように見えるのである。

     「自分に先見の明があったこと」を暗に主張しながら、「自分だけがその良さに気付けると思っていたお気に入り俳優が、世間に見つかってしまったことへの残念感」を漏らしてしまうファンに、高橋自身がどうこうは別にして、反発心を持ってしまう層も生まれるのではないだろうか。

    その対立が、ネット上でのファンVSアンチの構図を作っているように、私には見える。

     急速にブレークすればするほど、その対立は激しくなって、アンチの存在感も増す。「ブレークしたけどアンチも多い」というイメージが付くことが、ブレーク後の最初のつまづきになってしまうこともあるかもしれない。有吉弘行が言っていた「ブレークするということは、バカに見つかるということ」という言葉が染みてくる。

    大江綾子(おおえ・あやこ)
    日夜、テレビや週刊誌、芸能人のSNSなどをウォッチングしているライター。どこか癖のあるニオイを放つ女性タレントがお気に入り。

    mqdefault.jpg




    posted by エンタメ トップNEWS at 20:25| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    autabi2.jpg