最近の記事
(11/22)噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 池田美優(21)まだ若くエロスは開花前
(11/17)飯島直子 モンロー級垂涎バディに激濡れ五十路密壺の秘密(1)
(11/17)オフでは大河女優にあり得ないハジケっぷりだった沢尻エリカ容疑者
(11/15)松井愛莉のパンツ丸見え!【画像】透けパン尻とM字開脚がエロ過ぎる!
(11/14)沢尻エリカがフルヌード披露!ピンク乳首を再び解禁!大河盛り上げに脱ぐ決意した…
(11/10)大橋未歩が乳首解禁!巨乳セクシーショットのグラビア披露!田中みな実の露出を超える!
(11/10)官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★彼の上司夫婦と訳ありでスワッピングセックスの奥深さを知って病みつきに
(11/09)深田恭子の濡れ濡れ巨乳がエロ過ぎる!【画像】むっちりエロボディをカレンダーで披露!
(11/09)NHK桑子真帆アナ“紅白司会落選”で浮かび上がるセクシー路線まっしぐら!
(11/09)「ドクターX」、徐々に視聴率低下の背景に“あの歌姫を獲得失敗”意外要素!?
(11/08)広瀬すず、ヌード披露!スッポンポン全裸癖にヌード写真集オファーが殺到!「服を着たくない」…
(11/08)土屋太鳳を襲った“温泉盗撮ビデオ”流出騒動の顛末
(11/05)綾瀬はるか“ノーブラ&ポロリ”放送事故級の映像に視聴者大興奮!
(11/03)人気女子アナ「性器モロ出し」ヘアヌード写真集ギャラ番付(1)
(11/03)水野美紀の乳首出し全裸ヌードがエロ過ぎる!【画像】朝ドラ女優がエロボディ披露してた!
(11/02)田中みな実が乳首を披露!【画像】フル勃起の乳首がくっきりポチってエロ過ぎる!
(11/02)脊山麻理子アナの生ケツがエロ過ぎる!【画像】半ケツ、脱ぎケツ、食い込みケツを晒しまくり!
(11/02)橋本環奈『ZIP!』出演で視聴者大興奮! 速攻でトレンドランキング入り
(11/02)木下優樹菜を芸能界から追いやる?フジ新番組に登場の“最悪な設定”
(11/02)杉咲花“朝ドラヒロイン”抜擢に冷めた声…「2世タレントの特権かな?」
人気記事

    2017年11月27日

    貞淑美女タレントの性白書 小島瑠璃子 初ロマンス処女は天下無敵の隠れEカップ巨乳

     さて、現在、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)、『プレミアの巣窟』(フジテレビ系)、『サタデープラス』(TBS系)など、ラジオ等を含め6本のレギュラーを持っている小島は、1993年12月23日、千葉県市原市出身の23歳。

    2841b46f-s.jpg

     「今年は2回目の年女。“当たり年”というわけです。家族は両親と弟の4人。幼い頃から“アイドルになりたい”と言っていたそうです」(前出・小松氏)

     可愛い上に性格に裏表がなく、誰からも好かれたという“ルリちゃん”。
     「好奇心も旺盛で、小学校低学年で、すでにシャーロック・ホームズの作品にハマっていたそうです。図書室の本には、後ろに貸出しカードがついていますが、それが2枚分すべて、小島の名前で埋め尽くされたこともあったそうです」(テレビ局関係者)
     ちなみに、この頃、アイドルと並んでなりたかったのが“お金持ち”で、卒業アルバムに書き込むほどの執念を見せていたという。

     中学も地元の公立へ。
     「進学塾にも通っていて、頭はよかったそうです。部活は吹奏楽部でサックス担当。3年生のときは、生徒会の副会長をやっていたほどの人気者でした。私服がとにかく派手で、いつも“ヒョウ柄”を着ていたそうです」(写真誌記者)

     目立ったのは、ヒョウ柄だけではなかった。
     「おっぱいです。当時から胸が大きく、すでに“Cカップ”あったそうで、男子生徒たちから絶大な人気を誇っていた。初恋は中2のときで、相手は同級生。でも中3のとき、他の男子生徒へのボディータッチにカレ氏が嫉妬して別れたそうです。男の子の体に触るのが好きだったんですね」(テレビ制作スタッフ)

     芸能界入りのきっかけとなったのが2009年、『第34回ホリプロ・タレントスカウト・キャラバン』への応募だった。
     「地元の県内有数の進学校に入り、サッカー部のマネージャーをしていた小島。どうしても幼い頃の夢が捨て切れず、ダメもとでトライしたところ、3万3910人の中からグランプリに輝いたのです」(スポーツ紙記者)

     当初は“王道”の歌手デビューを考えていたという。
     「レッスンも受けさせましたが、歌唱力がイマイチ。そこで事務所サイドは、彼女のトーク力を前面に出して、“バラドル”として売り出すことにしたのです」(前出・テレビ局関係者)

     目論見は大成功。たちまち小島は“売れっ子タレント”の仲間入りを果たした。
     「のびのびトークの度がすぎて、デヴィ夫人からブログで“あのバカ女”と酷評されたこともありましたが、小島は全然気にしていません。むしろ、“オイシイ”と思っているんです」(芸能プロ関係者)

     かつて、「給料制だから、ここだけの話、めっちゃ極貧生活なんです」などと、所属事務所への不満を漏らしたことがあった。
     「これも、自分の存在を誇示するための、計算ずくのトークです。事務所の大先輩・和田アキ子にも可愛がられていますし、世渡りは上手だと思います」(バラエティー番組関係者)

    20161126_p006.jpg



     そんな世渡り上手な小島でも、恋の罠にハマってしまったのか。
     「やはり彼女も年相応の性欲を持っていたわけで、むしろ健全ではないでしょうか。これまで、サッカー選手との仲が取り沙汰された程度でしたからね」(前出・芸能レポーター)

     それでも、ジャニーズ事務所の意向を勝手に“忖度”したバラエティー番組のスタッフらが、小島を降板させる可能性は高い。
     「どのテレビ局を見ても、ジャニーズのタレントが幅を利かせていますからね。彼女にかかる圧力が大きくなるかもしれません」(前出・芸能プロ関係者)

     しかし、小島には“究極の武器”がある。
     「おっぱいで勝負していけばいいんです」(大手出版社幹部)

     デビューの頃のプロフィールにはT157センチ、B81・W57・H85とある。
     「いやいや、今やEカップの“隠れ巨乳”の持ち主です。巨乳&ヘアヌード写真集を出せば、間違いなく売れます」(同)

     女優として、大胆な濡れ場にチャレンジするのもいいだろう。
     「だから、何の心配もない。村上以外の男と浮名を流すのもOK。公私共に、大人の女としてやっていけばいいんです」(前出・芸能レポーター)

     誰からも愛される“こじるり”は天下無敵だ。

    IMARIB20160807111116_TP_V-e1502539063813.png


    ☆注目記事
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    鷲見玲奈アナのケツがデカ過ぎてエロ過ぎる!【画像】大きいのは乳だけじゃなかった!

    星野源、高橋一生、ムロツヨシ……Twitter女子が彼らの妄想ツイートに精を出すワケ

    錦織圭と観月あこに破局報道!観月、ジャニーズJr.と浮気か?錦織の海外遠征中にデートの情報

    新垣結衣、メンタル崩壊!表情筋が動ず目が死んでる!川島海荷、のん、清水富美加、マギーのとばっちりがガッキーに!

    夏目三久もヌード披露!田中みな実より話題になること必至!

    石原さとみと山下智久、破局していた! ジャニーズ側は「そもそも交際してない」一点張り!?

    やっぱり芦田愛菜は別格!? ブレーク果たした松岡茉優と、逆転された“天才子役たち”の現在

    images.jpg








    posted by エンタメ トップNEWS at 00:03| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    autabi2.jpg