最近の記事
(02/26)独占公開 有名女優34名「レイプ濡れ場」シーン(5)
(02/25)堀北真希が沢尻エリカと超豪華“ダブルセクシー”女優復帰計画か
(02/25)藤田ニコル、大胆すぎる写真集で懸ける「アンチを吹き飛ばす“再評価”獲得」
(02/25)独占公開 有名女優34名「レイプ濡れ場」シーン(4)
(02/24)【GIF】広瀬すずの乳首隠しがエロ過ぎる!【画像】フル勃起透け乳首に気付いて思わず隠してた!
(02/24)指原莉乃、NON STYLE・井上裕介、ガリガリガリクソン……「お前が言うな」と批判続出
(02/24)内田理央の全裸ヌードがエロ過ぎる!【画像】泡ブラ・手ブラ・透けケツ披露してた!
(02/23)中村アンの乳首チラヌードがエロ過ぎる!【画像】手ブラ・ノーブラヌードを披露してた!
(02/23)藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々
(02/23)しくじり芸能人「不貞の流儀」を◯×判定 一般女性を激怒させた東出昌大
(02/23)独占公開 有名女優34名「レイプ濡れ場」シーン(3)
(02/23)【GIF】永尾まりやのセッ●スがエロ過ぎる!【画像】乳揉まれハメ撮り濃厚濡れ場披露してた!
(02/22)田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全
(02/22)あの人気女性タレントにまったく浮いたうわさがない理由
(02/22)バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
(02/22)独占公開 有名女優34名「レイプ濡れ場」シーン(2)
(02/21)独占公開 有名女優34名「レイプ濡れ場」シーン(1)
(02/21)都丸紗也華の全裸入浴がエロ過ぎる!【画像】巨乳谷間が丸見えバスタオル1枚混浴入浴を披露!
(02/20)綾瀬はるか、フルヌード撮影済み!乳首出し巨乳フル露出現場の極秘ヌードを公開する!
(02/20)仲村みうの最新AVがエロ過ぎる!【画像】交わる体液、濃密セッ●ス、絶頂4本番披露!
人気記事

    2018年01月23日

    極秘入手! 人気女優「ギャラ&潜在視聴率」トップ10ランキング表(2)

     今回、トップの米倉にわずか0.3ポイント差で2位になったのが潜在視聴率15.2%、ギャラランク2A(140万円〜)の有村架純(24)。'13年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で、主人公の母親の少女時代を演じブレークし、一気にスターダムをかけ上った。



     そんな有村の人気を決定的なものにしたのが、昨年4月から放映されたNHK朝ドラ『ひよっこ』の大ヒットだった。

     「期間平均視聴率20.4%。最近、人気に陰りが見え出したNHK朝ドラを復活させたとして、改めて注目を集めた。

    そんな有村の評価をさらに上げたのが、映画『ナラタージュ』での濡れ場解禁。『嵐』の松本潤を相手に正常位&騎乗位をお披露目した。NHKドラマで成功したら普通は出し惜しみするのが一般的。

    でも、有村はそんな業界の常識にとらわれず、女優としての可能性を広げたんです。業界関係者の誰もが彼女に興味を持っています」(民放局プロデューサー)

     続いて、3位にランキングされたのが潜在視聴率13.8%、ギャラの格付けがA(110万円〜)だった広瀬すず(19)だ。
     「業界人の間では、'18年の“連ドラ女王”との呼び声が掛かっています」(キー局編成マン)

     実際、広瀬は1月10日スタートのドラマ『anone』(日本テレビ系)、3月には映画『ちはやふる-結び-』が公開される。

     「5月は映画『ラプラスの魔女』、8月も映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』がそれぞれ公開されるんです。

    そして、10月からはドラマ『花より男子リベンジ編(仮題)』(TBS系)が内定した。その間にCMや雑誌などの仕事が入ってくるんですよ。'18年はまさに日本を“すず色”に染めるはず」(前出・業界事情通)





     来年4月には、NHK朝ドラ『夏空-なつぞら-』のヒロインに早くも決まっており、「2年先のスケジュールまで埋まっている」(芸能関係者)という。すずに懸念されるのは、恋愛スキャンダルだ。

     「清純派イメージのすずだが、過去に、中学時代とされるイケメンとのキス写真が流出したことがある。

    昨年1月には俳優・成田凌との熱愛疑惑も報じられた。また、一部ジャニタレとも噂になった。まあ、すべて決定的瞬間を押さえられたわけではないが、恋愛体質であることは間違いない。

    現在、CM契約は10社以上。もし、不倫などのスキャンダルが出れば一発でアウトです」(同)

     希望的観測で一部ロリコン業界人の間では、“すず処女説”が根強く囁かれていることも付け加えておく。
     話をランキングに戻す。

     4位にランキングされたのは、かつての“視聴率女王”綾瀬はるか(32)。潜在視聴率13.2%と相変わらずの人気に、ギャラの格付けも米倉同様トップクラスである5A(250万円〜)をキープした。

     やはり、注目を集めたのはドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日テレ系)のアクションシーンだ。

     「ドラマは10話平均視聴率が12.7%。まずまずの結果ですよ。映画化も8月に決まった。綾瀬本人はアクション系に転向すると同時に、濡れ場にもチャレンジするハイブリッド女優を目指すようです。

    脱ぎっぷり次第では、米倉を超える可能性もある。今年、もっとも期待できる女優です」(ドラマプロデューサー)








    posted by エンタメ トップNEWS at 21:00| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    autabi2.jpg