最近の記事
(07/15)今後は“はるパイ”のご開帳が期待薄になった綾瀬はるか
(07/15)まいんちゃん・福原遥が同学年スズ・カンに対抗“セクシー美ワキ”写真集計画!?
(07/14)官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★自慢の巨乳を褒めない夫に不満で年下のオッパイ星人とホテルへ直行
(07/13)巨乳女優10名コロナ禍「雨湿り下半身」(3)
(07/13)【パンチラ】ファーストサマーウイカがパンチラ連発!【画像】具が見えていた!
(07/13)石田ゆり子“若き日の超絶セクシー”プレイバック写真集発売のウワサ!?
(07/13)上戸彩“進化するママ巨乳”見どころマン載『半沢直樹2』いよいよスタート!
(07/13)木下優樹菜の「タピオカ裁判」、“和解交渉が一転決裂の裏事情”明かされた!
(07/13)米倉涼子「2000万円の贈り物」石田ゆり子「3億円の高級物件」“豪快な買い物”で反響を集めた芸能人
(07/12)官能小説作家書き下ろし[実録]女のSEX告白★夫との週1回のエッチに耐えられず早漏&絶倫の男友達とハメまくり
(07/12)巨乳女優10名コロナ禍「雨湿り下半身」(2)
(07/12)田中みな実が全裸披露!第2弾写真集で宮沢りえ超え目指す!
(07/12)脊山麻理子“宿敵・渡部建”失脚にリベンジヌードで「勝利宣言」か!?
(07/12)長谷川京子が公式YouTubeチャンネルで“四十路フェロモン”あふれ出し!
(07/12)石原さとみ新ドラマでイケメン俳優・成田凌と“真夏の濃厚接触”秒読み!
(07/11)〈貞淑美女タレントの性白書〉おバカ系美女“脱いだらすごい”裸(3)
(07/11)巨乳女優10名コロナ禍「雨湿り下半身」(1)
(07/11)ローラ“独立記念”極上ボディーフルオープン争奪戦早くも勃発!
(07/10)【全裸】ファーストサマーウイカのフルヌードがエロ過ぎる!【画像】グループで全裸披露してた!
(07/10)新川優愛の全裸濡れ場がエロ過ぎる!【画像】濃厚セッ●スシーンを披露!
人気記事

    2018年01月23日

    「オンエアでもカット」「挨拶無視」大物から“共演NG”を喰らったタレント3名

     ダレノガレ明美が、1月21日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、声優・金田朋子に共演NGを出していたことを明かした。

    d.jpg

    金田のハイテンション芸や高音ボイスが「本当に嫌い」と自ら暴露したところ、そこに金田がサプライズ出演。突然の対面に動揺しつつも“仲直り”する様子がオンエアされたが、ここ最近、“共演NG”を告白したタレントは他にもいるようだ。

     2011年に芸能界を引退した島田紳助から“共演NG”を告げられていたと暴露したのは、かつて島田のMC番組『クイズ! ヘキサゴンII』(フジテレビ系)に出演した重盛さと美。

    「重盛は、昨年8月にAbemaTVで放送された『エゴサーチTV』内で、『紳助と某クイズ番組で共演した際、とんちんかんな回答をしてマネジャーが呼び出された』と暴露。紳助は、重盛のマネジャーに『なんでこいつを芸能界に入れたんや? 絶対売れへん』などと言ったそうで、その後、紳助の番組からオファーが来なくなったことを明かしました」(芸能ライター)

     また、昨年7月、中山秀征がMCを務める『ウチくる!?』(フジテレビ系)内では、ゲスト出演した吉田栄作が、かつて中山と“共演NG”の関係だったことを明かした。

    「20年以上前の話ですが、初対面時、吉田は芸能界の先輩である中山の挨拶を無視したそうです。そこから和解するまで2年間、互いに共演NGの関係だったことが明かされました。現在ではわだかまりは完全に溶けている様子で、吉田は『僕はちゃんと挨拶しました。背中で』と笑いを取っていました」(スポーツ紙記者)





     そして、かつては恋人同士だったにもかかわらず、破局が原因で共演NGを出されているのが、メッセンジャー・黒田有と交際していた国生さゆり。

    「国生は、16年の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、破局した黒田と今後共演する可能性について問われた際に『黒田さんが(共演を)嫌がってらっしゃるんですよね』と告白。黒田がバラエティなどで国生の話を出すことがあっても、うまくネタに昇華できていないためか『オンエアではどうやらカットされているらしい』といった旨の発言をして『おい、笑いにしろ!』と叫んでいました」(情報番組スタッフ)

     いずれも、NGを出したり出されたりといった当事者間の事情だが、実質的に共演NGとされているタレント同士のほとんどは、テレビ局側の“忖度”なのだという。

    「タレント側から名指しで共演NGを出してしまったら、そのタレントだけでなく、所属事務所全体が『面倒事を抱えている』といった目で見られかねない。そのため“共演NG”とウワサされるケースの多くは、当事者間でトラブルがあったタレント同士がバッティングして“新たな火種”が起きないよう、局が勝手に調整したケースがほとんどです」(芸能プロ関係者)

     ダレノガレを始めとして、バラエティでイジることができる“共演NG”は、”ネタ“というところだろうか。軽々しく話題にできない”NG”ほど深刻なものだ。


    autabi2.jpg






    posted by エンタメ トップNEWS at 20:00| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    autabi2.jpg