最近の記事
(01/25)政界進出の噂も飛び交う北川景子に芸能界休業説
(01/25)東出の愛人の巨乳がエロ過ぎる!【画像】唐田えりかが乳谷間丸見えエロボディを披露してた!
(01/22)上戸彩が全裸ヌードで巨乳フル露出!全裸濡れ場も披露!多角的に初全裸を仕掛けていく!
(01/22)サッカー日本代表とのW不倫疑惑浮上で早くも電撃再婚説が浮上した木下優樹菜
(01/17)子年女優19名「淫猥SEX濡れ場」公開(1)
(01/12)松嶋菜々子が初ヌード披露!乳首解禁!プリケツ電撃公開で一発逆転!休業報道に激怒してた!
(01/11)初写真集で“億万長者”になったみな実アナ
(12/29)独占 新世代女子アナ22人隠れ巨乳“乳フェース”(1)
(12/29)夫の不倫スキャンダル発覚でスピード離婚もありそうな滝クリ
(12/18)深田恭子が下半身モロ出し!【画像】尻ワレメから股間をフル露出!オカズ目的で公開したとしか思えませんよ!
(12/17)長谷川京子“エロス好き”四十路で開眼! フルオープンまで一直線か
(12/17)人気女子アナ23名「エッチ&チン言」流行語大賞
(12/16)田中みな実が乳とケツ晒しまくり!【画像】初写真集がエロ過ぎる!
(12/16)佐々木希“夫婦円満写真”激写の裏でいよいよフルオープン決意!?
(12/15)北欧美人が日本AVデビュー!【画像】メロディー・雛・マークスが美少女でエロ過ぎる!
(12/15)今度はイケメン若手俳優に“ロックオン”しそうな吉高由里子
(12/13)二階堂ふみ“元カレ結婚&元カレ有罪”ショック…朝ドラでエロス暴走か
(12/11)田中みな実“ヌキどころ満載”写真集でライバル心むき出し長谷川京子を一蹴!
(12/08)テレビ東京新人女子アナ「3人エロ娘」森香澄、田中瞳、池谷実悠(1)
(11/22)噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 池田美優(21)まだ若くエロスは開花前
人気記事

    2018年01月23日

    「オンエアでもカット」「挨拶無視」大物から“共演NG”を喰らったタレント3名

     ダレノガレ明美が、1月21日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、声優・金田朋子に共演NGを出していたことを明かした。

    d.jpg

    金田のハイテンション芸や高音ボイスが「本当に嫌い」と自ら暴露したところ、そこに金田がサプライズ出演。突然の対面に動揺しつつも“仲直り”する様子がオンエアされたが、ここ最近、“共演NG”を告白したタレントは他にもいるようだ。

     2011年に芸能界を引退した島田紳助から“共演NG”を告げられていたと暴露したのは、かつて島田のMC番組『クイズ! ヘキサゴンII』(フジテレビ系)に出演した重盛さと美。

    「重盛は、昨年8月にAbemaTVで放送された『エゴサーチTV』内で、『紳助と某クイズ番組で共演した際、とんちんかんな回答をしてマネジャーが呼び出された』と暴露。紳助は、重盛のマネジャーに『なんでこいつを芸能界に入れたんや? 絶対売れへん』などと言ったそうで、その後、紳助の番組からオファーが来なくなったことを明かしました」(芸能ライター)

     また、昨年7月、中山秀征がMCを務める『ウチくる!?』(フジテレビ系)内では、ゲスト出演した吉田栄作が、かつて中山と“共演NG”の関係だったことを明かした。

    「20年以上前の話ですが、初対面時、吉田は芸能界の先輩である中山の挨拶を無視したそうです。そこから和解するまで2年間、互いに共演NGの関係だったことが明かされました。現在ではわだかまりは完全に溶けている様子で、吉田は『僕はちゃんと挨拶しました。背中で』と笑いを取っていました」(スポーツ紙記者)





     そして、かつては恋人同士だったにもかかわらず、破局が原因で共演NGを出されているのが、メッセンジャー・黒田有と交際していた国生さゆり。

    「国生は、16年の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、破局した黒田と今後共演する可能性について問われた際に『黒田さんが(共演を)嫌がってらっしゃるんですよね』と告白。黒田がバラエティなどで国生の話を出すことがあっても、うまくネタに昇華できていないためか『オンエアではどうやらカットされているらしい』といった旨の発言をして『おい、笑いにしろ!』と叫んでいました」(情報番組スタッフ)

     いずれも、NGを出したり出されたりといった当事者間の事情だが、実質的に共演NGとされているタレント同士のほとんどは、テレビ局側の“忖度”なのだという。

    「タレント側から名指しで共演NGを出してしまったら、そのタレントだけでなく、所属事務所全体が『面倒事を抱えている』といった目で見られかねない。そのため“共演NG”とウワサされるケースの多くは、当事者間でトラブルがあったタレント同士がバッティングして“新たな火種”が起きないよう、局が勝手に調整したケースがほとんどです」(芸能プロ関係者)

     ダレノガレを始めとして、バラエティでイジることができる“共演NG”は、”ネタ“というところだろうか。軽々しく話題にできない”NG”ほど深刻なものだ。


    autabi2.jpg






    posted by エンタメ トップNEWS at 20:00| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    autabi2.jpg